リサイクルを上手に利用して、あなたを暮らし上手にするサイト

1プラスしたら2マイナスする暮らし方

意外と捨てられない洋服

昔から「箪笥の肥やし」といわれてきたように、衣類は捨てにくく溜まりやすいものなのかもしれません。
現代においても、家庭内の不用品として多くのスペースを占領しているのが、長年袖を通すことなく捨てられずにいる衣類ではないでしょうか。
自治体も積極的に資源ごみとして古布を回収していますが、ゴミになる前に、上手にリサイクルできるよう早めに見切りをつけることも大切だと思います。
普段着は別として、ブランド物の洋服など高価で買取ってもらえるショップもあるので、商品価値が落ちる前に手放す決断が必要となります。
ひとつ買ったら二つ手放すくらいの勇気があれば、スペースを有効活用しながら、快適なリサイクルライフをおくることが出来るのではないでしょうか。

引き出物は、どんどん溜まっていく

押入れや食器棚の上を占領しているのは、結婚式に出席した際にいただいた引き出物ではないでしょうか。
確かに記念品ではあるけれど、普段使いにするのも使い勝手が悪かったり、好みに合わなかったり、ライフスタイルに合わないものもあるので、箱に入ったまま眠っていることの多いものです。
リサイクル方法としては、フリーマーケットやバザーで重宝されますが、リサイクルショップでも、思いのほか高価で買取ってもらえるもののひとつでもあります。
いつか使うと思えるものでも、今必要としないものは不用品となります。
有効活用できるうちにリサイクルして、今必要なものを手に入れるのが、暮らし上手と呼ばれる道につながるのではないでしょうか。